梅本製作所 SL-60ZSC

大型三脚にフィットする強力自由雲台

Good

  • 望遠のスローシャッターも安心の安定性
  • ノブひとつのシンプルな操作系
  • 締め付けノブの締め付け具合でフリクションの調整が可能
  • 締め付けノブの半締めでパン操作が可能
  • ノブの締め付け時に構図がズレない
  • 別売りのクイックシューも使いやすい

Bad

  • フリクションを固くしたときの動きがややカクカク

コメント

小型雲台に限界を感じてグレードアップ。
やはり良くできた雲台。

けっこう書き途中です。


使い勝手

良い。

SL-40ZSCのページで説明したのと同様に。

加えて安定性がより高く、望遠のスローシャッターにも安心して使うことができる。


携帯性

この雲台に釣り合う大型三脚を持ち歩ける人なら携帯性に問題は感じないはず。


コスト

性能を考えると費用対効果は抜群に高い。


総評

SL-40ZSCと同様に良い。素晴らしいクオリティと安定性。
他の雲台との比較ではZ1には負けるが、それ以外には負けない。
性能的にもほとんどの人にはこの雲台で十分と感じる。

というわけでZ1以外では一番オススメ。
コストパフォーマンスを考えると望遠の使用頻度が少ない人にはZ1以上にオススメかもしれない。

アルカ型クランプを装着すればアルカ型プレートも使えて、そういう組み合わせもなかなか良いと思う。


関連用品

クイックシューSG-80

SL-40ZSCのページで力説した通り、けっこう良い。

SL-60AZD

クイックシューを常に使うつもりならばクイックシュー直結専用モデルを選択することで重量やサイズを抑えられる。

三脚

パイプ径32mm前後の大型三脚が釣り合う。
それ以下の三脚と組み合わせると雲台がややオーバースペックとなる。

一脚

自由雲台は一脚にも良い。
強力な一脚との組み合わせで重量級の超望遠も十分に支えられる。

アルカ型クランプ

アルカ型のプレートも装着できるようになり、L型プレートも使える。
この組み合わせは実はとてもいいかも。雲台がSL-60AZDならなおいいかも。
ただL型プレートを使わないなら純正のクイックシューの方が良いと思う。

ちゃんと組み合わせられるものを買う必要があるので注意。
RRSならB2 LR IIB2 LLR II、Kirkならスペシャルではなくユニバーサルの方。


購入時の比較検討

ジッツオの3型釣り合うものをということでZ1なども考えたが価格を考慮してこちらに決めた。

結局後でZ1買っちゃったんだけど。

Spec  
耐荷重 6kg
高さ 120mm
基部直径 65mm
重量 580g

Link

製品情報
デジカメWatch デジカメアイテム丼 SG-80
ケータイWatch スタパ斉藤の習慣スタパトロニクスMobile