smc PENTAX-FA 28-200 F3.8-5.6 AL[IF]

現代のズームレンズの進歩を知ることができる高倍率ズーム

Good

  • 安価

Bad

  • 画質が悪い
  • APS-Cでは広角をカバーしていない
  • 色収差が目立つ

コメント

身内が不要なレンズをくれるというのでもらってみた一本。
ある意味勉強になったレンズ。


描写の傾向

開放はもちろん絞ってもかなり眠い画質で色収差や歪曲も目立つ。とは言え広角端〜中間域は実用的なレベルまでは行く。
が、100mmを少し越えた辺りから望遠側は酷いもので、晴天の順光でも十分なコントラストが出ず平面的な写りをする。この望遠側は高倍率ズームと割り切っても使いたくない画質。

別段いいところがなく比較的まともな写りをするところだけ使おうとすると28mm-100mmくらいのレンズになる。古い高倍率ズームというのはこんなに酷いものなのかと驚いた。

一応フルサイズのイメージサークルをカバーしているのでAPS-Cでは中央部のおいしいところを使うことになるため、高倍率ズームでもけっこういい写りをしてくれるんじゃないかという期待があったが、その期待は見事に打ち砕かれた。


使い勝手

そこそこのサイズでズームレンジが広いので使い出があるかもしれない、と思ったが高倍率ズームで広角側をカバーしていないのは使いにくかった。
加えて望遠レンズとして使いたくなる画質でもなし。

またフォーカシングによる画角の変化が大きいのもけっこう微妙だった。


携帯性

まずまず悪くない。普通。


総評

満足度は30点。

まあ使ってみて参考にはなった。
良いレンズを知るためには悪いレンズも知らなければならない、みたいな?

ちなみにこれに比べると最近の高倍率ズームは大分良い。
技術の進歩を感じる。

何回か試写に持ち出した後使えないと判断して手放した。


素性

タムロンのOEMらしい。


関連用品

フィルター

ペンタックスではレアな72mm径。
しかしわざわざフィルターを付けて使うレンズでもないかと。


 
Spec  
構成枚数 14群16枚
最小絞り F22
最短撮影距離 0.52m
最大撮影倍率 0.23倍
フィルター径 72mm
最大径 x 長さ 78mm x 83mm
質量 465g
絞り羽根枚数 6枚

Link

価格.com
Amazon
Pentax Forums

Example

K_5P1020.jpg
with PENTAX K-5 1/100s f/4.5 ISO400 65mm

K_5P1049.jpg
with PENTAX K-5 1/80s f/8.0 ISO800 38mm