PENTAX レンズガイド

自分の中でのKマウントのレンズラインナップの現状整理がてら、迷えるペンタックスユーザーのためにいくつかの切り口でレンズ選びのポイントを書いてみようという試み。
少し偏ってる可能性あり。

フルサイズ用のレンズ

フルサイズボディが出たばかりと言うことでレンズの拡充はまだまだこれから。他社に比べるとラインナップは充実しているとは言えない。
したがって現時点ではフルサイズでバランスのいいシステムを組みたい人にはペンタックスはオススメできない。

しかし一方でFAリミテッドのような珠玉のレンズがあることは代えがたい大きな魅力。
ズームレンズでも広角、標準、望遠それぞれにF2.8通しのレンズが揃っていることで、性能重視のユーザーにとっては一通りのシステムが組めるようになっている。

また近年の新規開発のペンタックスレンズの性能がどれも高く安定していることを考えると、今後のポテンシャルには期待が持てる。
ポテンシャル採用でペンタックス。どうですか。

広角単焦点レンズ

FA31が無双の存在感を持つが、他はFA35のみといういささか寂しい状況。
ロードマップの広角単焦点と大口径超広角単焦点には期待がかかる。

広角ズームレンズ

DFA15-30という確かな性能を持つ大物がある一方、手頃なサイズのレンズの不在が痛い。

標準単焦点レンズ

FA43とFA50に加えてDA★55やDA50が一応使えると考えるとそれなりの充実度。
大口径標準単焦点がロードマップにあり新規開発中。

標準ズームレンズ

純正でDFA24-70にDFA28-105の二本があり、ここはまずまずのラインナップ。
コストパフォーマンス重視の向きにはタムロンのA09。

中望遠単焦点レンズ

コンパクトながら極めつけの描写力を持ったFA77の存在が素晴らしい。
ロードマップの大口径中望遠単焦点がおそらく定番の85mm F1.4。

望遠単焦点レンズ

フルサイズ用の現行レンズは皆無だが、APS-C用のDA★200やDA★300、DA560がほぼ問題なく使用可能ということでまずまずの状況となっている。
さすがにキヤノンやニコンのラインナップと比べてはいけない。

望遠ズームレンズ

DFA★70-200とDFA150-450の存在で性能重視のラインはかなり充実。
一方で描写力と携帯性がバランスしたラインに選択肢がないのは痛い。

マクロレンズ

標準マクロ、中望遠マクロがそろっており充実度はまずまず。DA35を広角マクロとして使用可能というおまけもある。
サードパーティでは銘玉タムロン90mmを手ブレ補正ありで使うことができるのがステキポイント。

魚眼レンズ

DA10-17の望遠側が一応フルサイズでも魚眼として使える。
新規の魚眼ズームがロードマップにあり期待大。

高倍率ズームレンズ

高倍率ズームは不在。

APS-C用のレンズ

ラインナップとしてひとまず十分なシステムが組めるほどにはなっている。
広角単焦点など穴が空きまくっている部分もあるが、一方で中望遠や望遠ズームなどはかなり手厚い。

詳細はあとで。

広角単焦点レンズ

DA15やDA21などDAリミテッドレンズがコンパクトで良く写るステキレンズ。
明るい大口径レンズとしては換算21mmのDA14があるが、定番の換算24mm、28mm、35mmとなるレンズ(16mm、18mm、23mm)が欠けており、やや至らない感がある。

広角ズームレンズ

ラインナップはDA12-24 F4一本のみ。しかしその一本が気を吐いており、まずまず不足のない状況と言える。

標準単焦点レンズ

FA31が標準画角となるため非常に強い。ほかDA40、DA35、FA35、FA43などそこそこ粒が揃っている。
シグマの35mm Artが使えるのも大きい。

標準ズームレンズ

エントリークラスのDA18-55、DA18-50、ミドルクラスのDA17-70、DA16-85、ハイクラスのDA★16-50と一通りのラインナップは揃っている。問題児も混ざってはいるが。
描写力と携帯性を両立させたショートズームのDA20-40も地味に面白い存在。

中望遠単焦点レンズ

極めて緻密でクリアな描写力を持つDA★55、柔らかな描写が特徴的なFA50、廉価ながら良い写りのDA50、謎の艶っぽさを醸し出すDA70、比類なきボケ味のFA77等々、様々な個性のレンズが揃っており面白い領域。

望遠単焦点レンズ

F2.8ながらコンパクトで高い描写力を持つDA★200、素晴らしいキレを備えたDA★300、超々望遠のDA560などがラインナップされておりまずまず。
さすがにキヤノンやニコンと(ry

望遠ズームレンズ

APS-Cならではのコンパクトなサイズ感のレンズが多く揃っている。
エントリークラスのDA50-200、DA55-300、ミドルクラスのHD DA55-300、DA55-300 PLM、ハイクラスのDA★50-135、DA★60-250とクラス別のラインナップも充実。
更にフルサイズ用のDA★70-200、DFA150-450もハイエンドの望遠ズームとして利用可能。望遠ズームはかなり手厚い。

マクロレンズ

標準マクロ、中望遠マクロ、望遠マクロがそろっており十分な充実度。またマクロレンズとしてはほかにないコンパクトさが素晴らしい。
そしてタムロン90mmを手ブレ補正ありで使うことができるのはやはりステキポイント。

魚眼レンズ

コンパクトな魚眼ズームとしてDA10-17が便利で素敵な存在。

高倍率ズームレンズ

DA18-135やDA18-270など不足のないラインナップ。

最終更新: 2016-12-11