三脚

使ったことのある三脚

Gizto マウンテニア GT3541
SLIK カーボンマスター 724PRO


三脚とは

持ち歩くのがめんどくさいけれど、持たずに出るとしばしば後悔するもの。
自分にとってはそんなものが三脚。

三脚を使う目的は

  • カメラとレンズの性能を最大限に引き出したシャープな写真を撮るため
  • スローシャッターを使うため
  • マクロ撮影やブツ撮りで思い通りのピントや構図を簡単に得るため
  • 夜景や星景
  • 待ちの撮影で楽をするため

などなど。何と言ってもブレ防止の最強装置。
風景写真をビシッと撮るならやはり一本いいのを持っておきたい。撮ったときは渾身の一枚と思っていたものがPCで確認するとブレていたなんてことになると悲しい。

また構図を決めて光線状態が良くなるのを待ったり、メイン被写体や点景がフレーム内に飛び込んでくるのを待ったりという待ちの撮影をするのにも重宝する。

ほか花火、夜景、星景、水の流れの撮影でも必須だし、巨大なレンズを使う場合には重量を三脚に預けられるので疲労防止にもなる。

一方でデメリットもあり

  • 荷物が増える
  • 撮影のたびに設置と撤収に時間がかかる

などなどフットワークが重くなることが挙げられる。

フィルム時代と違って写真自体は撮り放題で、手ぶれ補正も当たり前のようにあり、高感度に強いカメラも多くなった昨今、昔ほどの必要性は薄れているのかなーと思う。
フットワークを軽くするために持たない、という選択もかなりのケースで成り立つようになっている。

そういうわけで割り切って持たないという選択をすることも多々あり。
でもやっぱり必要な時は必要、欲しい時は欲しい、というアイテム


参考

デジカメアイテム丼 特別編:雲台メーカーに聞く「ブレない」三脚の選び方と使いこなし - デジカメWatch

梅本製作所の中の人によるお話。


特別企画:「三脚のマナー」について考えてみよう - デジカメWatch

マナー重要。


三脚活用術 - スリック株式会社

三脚屋さんの書いた記事。面白い。


三脚の選び方

ここは総合的にすごい分かりやすい。