smc PENTAX-FA☆85mm F1.4 ED[IF]

鋭いキレ味と柔らかなボケ味が同居する素晴らしい中望遠

Good

  • F1.4の明るさ
  • 開放から解像力が高くシャープ
  • 素晴らしいボケ味

Bad

  • AF精度がいまひとつ
  • 生産終了品なので修理部品がいつまであるか分からない

コメント

一度は試さねばなるまいと手に入れた一本。
スターレンズらしいキレのある描写と素晴らしいボケ味が印象的な中望遠レンズ。

絶賛書き途中。


描写の傾向

開放からシャープでクリア。それでいてカリカリのシャープとは違って適度な柔らかさも感じる上品な描写だ。
85mmの単焦点というとポートレート用途のレンズという頭があるが、それ以外の用途でも使いやすい画質。高い解像力にキレの良い画質は遠景に用いても良く写る。

切れ味だけでなくボケ味も素晴らしく、ピント面を外れたところからふんわりボケていく。ピントをわずかに外れたところはいきなり甘くなるのではなくフレアのベールがかかったように線を残しつつボケていくので、わざとアウトフォーカスにすると柔らかく繊細な表現を得られる。

ピント面前後のフリンジも比較的少なく、開放でもそこまで派手には出ない。気になる場合は少し絞れば解消する。

周辺減光はフルサイズ開放ではそれなりに目に付くが、二段ほど絞ればほぼ気にならない。APS-Cでは開放から全く問題なし。
歪曲に関してはフルサイズでもほぼ歪曲フリーと言っていいほどに補正されている。


使い勝手

フルサイズで85mmはポートレートに最適。スナップレンズとして利用するにも注視した部分を自然に切り取るのにちょうど良い画角となる。
一方APS-Cで使うと換算130mm程度の画角になるので、中望遠というよりもう望遠に近くなり、使い勝手は大きく変わる。

AF速度はK-3以降のボディモーターが強化されたボディではかなり高速。それ以前の機種でも不満のない速度だ。
しかしその精度はやや微妙で、AF頼みで気軽に使う場合は少し絞るか、AFをやり直しつつ何カットか撮っておくのが無難。

ピントリングの感触はスムーズでMF操作も快適。
クイックシフトフォーカスには対応していないが、ピントリングには手前に引くとMFに切り替わるようになっていて、AF/MFの切り替えはまずまずやりやすい。

最大撮影倍率が低めでクローズアップ撮影は苦手。


携帯性

携帯性は可も無く不可も無く。

フルサイズ用の大口径中望遠と言うことでさすがにコンパクトとは言えないが、カメラに付けたまま大抵のカメラバッグに問題なく収納できるサイズなので、特に携帯性が悪いというわけではない。


総評

K-1の登場にともなって本来の中望遠の画角で使えるようになった。
加えてF1.4の明るさと素晴らしいボケ味によって最高のポートレートレンズとなっている。

満足度は100点。
人物撮影をよくする人にとってはもっと満足度が高いだろう。


似たレンズとの比較

smc PENTAX-FA 77mm F1.8 Limitedとの比較

FA☆85の方がクリアでキレがある。
両方ともボケ味は素晴らしい。

FA77の方が圧倒的にコンパクトなので、常用レンズとして使いやすいのはFA77かもしれない。


関連用品

フィルター

FAスターレンズに多い67mm径。

遠景も素晴らしくシャープに写るのでフィルターワークもしがいがある。

Amazon ケンコー Zeta EX サーキュラーPL

最終更新: 2016-06-23


 
Spec  
フルサイズ対応
APS-C利用時換算 約130mm
構成枚数 7群8枚
最小絞り F22
最短撮影距離 0.85m
最大撮影倍率 0.11倍
フィルター径 67mm
最大径 x 長さ 79mm x 70mm
質量 550g
絞り羽根枚数 9枚
発売日 1992-07

Link

PENTAX製品情報
価格.com
GANREF
Pentax Forums

Example