Lightroomでレンズ名を任意に編集する方法

Lightroom5.5にて有効な手順。多分以前のバージョンでも行ける。

準備

必要なツールのインストール。

ExifToolのインストール

Perlで作られたライブラリ&コマンドラインツール。
画像のExifの読み書きをするツールで、非常に多くのファイルフォーマットに対応している。

ExifTool by Phil Harvey

Windowsはzip、MacはdmgをダウンロードしてインストールすればOK。

Macはシステム環境設定の「セキュリティとプライバシー」で「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」を一時的に「すべてのアプリケーションを許可」にしないとインストールできないので注意。

インストール後は実行許可をまた元の状態に戻しておくのを忘れずに。

Windowsも何かそういうのあったっけ。

LensTaggerプラグインのインストール

レンズ名を任意に編集できるLightroomのプラグイン。
もともとマニュアルレンズを使ったときのExifを書き込むためのツールらしい。
内部的にExifToolを利用している。

LensTagger Lightroom plugin

zipファイルを落として適当な場所に解凍。

Lightroomのメニューで「ファイル > プラグインマネージャー」でプラグインマネージャーを開いて追加。
プラグインのパスを聞かれるので解凍したプラグインを指定する。

LensTaggerを使ってレンズ情報を埋め込む

初めて行う場合は念のため画像ファイルおよびカタログのバックアップを取ってから行った方がよい。

手順は以下の通り。
一応正確を期しているけど間違いがあったらごめんなさい。くれぐれもバックアップを忘れずに。

レンズ名を追加/編集したいファイルを選択

Lightroom上で選択。複数選択可。

以後の操作は同じ選択状態で行う。

メタデータをファイルに保存

  • 「メタデータ」 > 「メタデータをファイルに保存」

JPEGやDNGの場合はその画像ファイルに直接書き込む。
PEFの場合はPEFごとに対応するxmpファイルが作られてそちらに書き込まれる。

この手順を忘れると現像パラメータやキーワードなどの編集内容などが飛ぶので注意。

LensTaggerでファイルにレンズ情報を書き込む

  • プラグインエクストラ > LensTagger
  • Lens Name: にレンズ名を入力
  • 他の項目は空欄に
  • 「Write to xmp sidecar instead??」
    • JPEGやDNGの場合はチェックを外す
    • PEFの場合はチェックを入れる
    • 実験的機能扱いなのでうまくうごかないことがあるかも
  • 「Read Files from Filelist」のチェックを外す
  • 「Edit」のチェックを外す
  • 「Update Command」を押す
  • 「Run Command」を押す
  • 「ExifTool is running. please stand by...」と表示されるのでしばし待つ
  • 「Command Successfull.〜」と表示されたら「Close」を押して閉じる

これでDNGもしくはxmpファイルにレンズ名が書き込まれた。

間違えても書き込み直せるので気軽にトライ。

ファイルからメタデータを読み込む

  • 「メタデータ」 > 「メタデータをファイルから読み込む」

これでDNGもしくはxmpファイルに書き込まれたレンズ名をLightroomでレンズとして認識したはず。

めでたしめでたし。

ExifToolを直接使う

考えてみるとLensTaggerはExifToolのフロントエンドにすぎないので、ExifToolを直で実行してその後「メタデータをファイルから読み込む」でもいい。
コマンドラインに慣れている場合はそっちの方が楽。

LensTaggerを使うのと結果は同じなので、コマンドラインに慣れていない人はここから先は無視で。
あとMacのみ。Windowsはよくわからない。

Lightroomで現像パラメータをいじった写真はメタデータをファイルに保存する手順を飛ばすと編集内容が全部飛ぶので注意。

読み込み直後のいろいろと手を加える前ならメタデータのことは気にせず心置きなく実行できるので、読み込み直後にやるのが良い。

ペンタックスのDNGの場合はLensModelを書き換えればOK。
ついでにニコンの場合もLightroomはLensModelを優先するっぽいのでLensModelでOK。

コマンド実行のサンプル。

exiftool -LensModel="Sigma 30mm F1.4 DC HSM" -m -overwrite_original_in_place -P IMGP9999 -v0

オプションの意味は exiftool -h で確認。

ファイル指定はワイルドカードが使える。-ifで条件指定もできる。

exiftool -LensModel="Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM" -m -if '$LensType eq "Unknown (8 31)"'  -overwrite_original_in_place -P IMGP* -v0

ファイル名だけ指定するとEXIF情報が見られる。

exiftool IMGP9999

書き込み後にちゃんと書き込まれたか確認するには

exiftool IMGP9999 |grep Lens

とかで。

Thanks

Lightroomでレンズ名を任意に編集する方法 LOVE PENTAX?

最終更新: 2014-06-24