ヤフオク

素人にはお勧めできない。

しかしショップで中古を買うよりもかなり安く入手できる可能性があるのは魅力。
またディスコンになったレンズを手に入れる有効な手段であることも確か。

Yahoo!オークション

以下利用のコツ。

相場チェック

「ヤフオク 相場」でぐぐると落札相場の検索サイトが出てくる。

出品者の評価を見る

悪い評価が多い人は避けた方が無難。

ただその評価の内容も見て判断。
過去に変な相手と関わってしまい理不尽に悪評価がついている場合もあるので。

コンディションや付属品をしっかりチェックする

タイトルで「美品」と書いてあっても写真を見るとどう見ても並品とかあるある。

業者は相手にしない

基本的に業者は商売でやっているので、ショップで中古を買うのとそんなに変わらない価格になることが多い。

また以下のような仁義なき出品者もたくさんいる。

  • マルチアカウント(サクラ)を利用した価格の吊り上げ
  • 希望価格に達しないと落札直前に全入札を削除(実質出品者キャンセルだが悪い評価がつかない)
  • タイトルでは「美品」なのに実質的には並品
  • 在庫がないのに出品している(落札してから発注をかけるのですぐに発送されない)

要するに相手をしても時間の無駄になる確率が高い。
出品マスターとか取ってる業者が逆に怪しかったりする。

あと業者がストア出品だと消費税を取られる点にも注意。

業者でいいのは中古保証が付いている場合があること。
ただし本当に保証に応じてくれるのかどうかは未知数。なのでやはり相手にしないのが一番。

しかしディスコンになったレンズでどうしても欲しいものが出品されていた場合などは話は別。

一般のユーザーに注目

業者でない一般のユーザーの防湿庫の肥やしになっていた新品同様のレンズが出ていたりすることもあり、
覚悟を決めて使えばけっこうお得。

新品を少し試してすぐ出品するユーザーもいるので、そういう人から落札できればほぼ新品同様の物が手に入る。

そういう意味でもやはり狙い目は一般のユーザー。

過度な期待をしない

中古には過度なクオリティの要求をしないように。

「新品同様」とか「美品」という文句も差し引いて考えておいたほうがいい。

時は金なり

オークションは便利だが、しかし時間を食うのがいかんともしがたい。
安く入手できてもかかった時間を考えると微妙な気持ちになることもなくはない。

数千円程度の差額ならさくっと中古ショップで購入してしまった方がいいと最近では思っている。


  1. 価格比較サイトをチェック
  2. ネットショップ巡り
  3. 公式アウトレット
  4. ショップのアウトレットを探す
  5. 中古を検討する
  6. ヤフオク
  7. 海外通販
  8. 福袋
  9. 処分価格を狙う
  10. カメラとレンズの買い時について
最終更新: 2014-06-28