2016-02-25

待ちに待ったCP+ 2016に行ってきた!

何はともあれ入場と同時にK-1タッチ&トライへまっしぐら。
入場列に並ぶのが遅れたため、すでに行列となっており30分待ち。自分の並んだ後ろからもどんどん人が並んでいた。
平日でこれじゃ土日どうなってしまうんや・・・

自分の番が来て実物を手にするとK-3IIより一回り大きいのがすぐ分かったが、フルサイズのレフ機としては非常にコンパクトだ。

ついていたレンズがDFA28-105だったせいもあるかもしれないが、持った感じは思ったよりも重くない。グリップ感はばつぐんだ。

ファインダーを覗いてシャッターを切ってみる。シャッターフィールは静かで良し。ファインダーの良さは暗いレンズで屋内なのでよく確かめなかった。

続いてフレキシブルチルト、アウトドアモニター、操作部アシストライト、スマートファンクションなどなど試す。アウトドアモニターはフレキシブルチルトと合わせると非常に便利な機能になりそう。
他にも試したいことがあった気がするが、すっかり舞い上がってしまい頭から吹っ飛んでしまった。

思わず「このまま持って帰りたいです」と口に出たが、もう少しお待ち下さいとのことだった。

くっ。

K-1の技術解説のコーナーに「D FA Lens Roadmap」が掲示されていて5本の新しいレンズが追加されていた。

* Wide-Angle Single Focus Lens
* Large Aperture Standard Single Focus Lens
* Large Aperture Medium Telephoto Single Focus Lens
* Large Aperture Ultra Wide-Angle Single Focus Lens
* Fish-eye Zoom Lens

待望のロードマップの更新!

このうち2本は定番の50mm F1.4と85mm F1.4かな。
それ以外はなにか独特のスペックのものが出てきそうだ。

広角単焦点はコンパクトさにこだわったものが出てくるとか?
リミテッドついてないからそれはないかな・・・

大口径超広角はなんだろう。
20mm以下のF2.8かな?

魚眼ズームは面白くて使い勝手いいので歓迎。

妄想し放題。

しかし・・・時期が2017 or Later...
2016はもうないんかい。

どうやらしばらくは発表済みレンズで戦う覚悟を決める必要がありそうだ。

というか普通の広角ズーム(15-30 F2.8は飛び道具や・・・)や軽量望遠ズームがないのでDA12-24やHD DA55-300にはまだまだ働いてもらわないといけないっぽいなあ。
そういやAPS-C用の広角ズームはどうなったんだろう。DA Lens Roadmapは別途出すのかな?

さすがに4月にK-1とレンズ出して一年終わりってことはないだろうから、何かはあるんだろうけど。
APS-Cのボディが出るという噂もあるので、それと絡めてDAレンズが出たりするんですかね。

ペンタのほかはニコン、ソニー、エプソン、シグマなどのブースを適当にぶらぶら。
展示以外に色々とセミナーやトークセッションをいたるところでやっていて楽しい。これは一日いても飽きなさそうだ。

あ、シグマのブースでKマウント出してくれってゴネてくるの忘れた。

あとはちょうどリコーブースの真向かいにLaowa(ラオワ)のレンズを触れるスペースがあった。
60mmの二倍マクロや15mmの等倍マクロ&シフトレンズなど尖ったスペックのレンズを出していて興味深い中国のメーカー。

以前こちらで話題になっていた105mmや、新しく出てきた12mmの試作品も置いてあり、触った感じ質感もかなり良い。
MFのみというのが惜しいが、ちょっと今後の注目株だ。

今日はQ-S1に08を付けて。
一応01と06も持って行ったけど、広角だけでOKだった。

ほかにTHETA使おうと思っていたんだけど、持ってくの忘れちった。

ちなみにLOVE PENTAXYZを運営しているD*isukeさんに声をかけてもらって一緒に回ってまいりました。
色々ペンタックスやカメラの話ができて面白かった。そしてなぜか昼食をおごってもらったり。ごちそうさまでした!

そんなこんなもあって楽しいCP+でございました。

また来年。

・・・というかこの土日時間が取れればもう一回行きたいなあ。