pentax memo

カメラ レンズ 機材 メモ 日記 Flickr

カメラ

使ったことのあるカメラのレビューなど。

カメラのレビュー

実際に使ったことのあるカメラのレビュー。

Kマウント

Qマウント

コンパクトデジカメ

ペンタックスのカメラの特徴

シェアは少ないけど真面目なカメラを作る会社。それがペンタックス。
予想の斜め上のことにガチで取り組む会社。それもペンタックス。

バイクメーカーで例えるとスズキ。

フルサイズとAPS-CのKマウント、コンデジ用センサーのQマウント、中判の645マウントの3つのマウントのカメラを展開している。

以下はその中でもメインであるKマウントの強みと弱み。

強み
  • 一眼レフとしてはコンパクトなボディ
  • コンパクトで個性的なレンズが多い。特にFAリミテッドレンズ
  • ボディ内手ブレ補正のおかげでどのレンズを使っても手ブレ補正が有効
  • ペンタックスのカラー
  • GPS&アストロトレーサー
弱み
  • 周辺機器やレンズのラインナップなどシステムとしては他社に見劣りする
  • 動体AFが弱く動き物の撮影には向いていない
  • 新しい純正レンズがなかなか出ない
  • サードパーティ製レンズもほとんど出ない

カメラ自体が高い機能性を持ち、描写性能など基本的なところは他社と互角だが、とにかくレンズのラインナップと動体AFが弱いのが泣き所。

良いところ

一眼レフとしてはコンパクトなボディ

ペンタックスと言えばコンパクトさが売り。
同社初のフルサイズ一眼レフであるK-1も競合他機種に比べて最小のサイズに収めてきた。プレミアムスモール。

しかしAPS-Cのエントリー機では他社とさほど差がなくなっており、最小の座はキヤノンにある。
また一眼レフではなくレンズ交換式カメラ(一眼カメラ)というくくりになると当然のごとくミラーレスには負ける。

コンパクトで個性的なレンズが多い。特にFAリミテッドレンズ

コンパクトさが売りなのはカメラのみにあらず。レンズもまたコンパクト。

リミテッドレンズのような軽量コンパクトで性能の高いレンズは他社にはないもの。
ボディと合わせたシステム全体で比類無きコンパクトさが備わる。

ミラーレス機もレンズは性能重視で肥大化する傾向があるので、このあたりはまだペンタックスのアドバンテージと言えるだろう。
ただペンタックスも近年はそのコンパクトさよりも性能を重視するトレンドに乗っており、新しめのレンズに限って言えばこうした利点は失われている。

ボディ内手ブレ補正のおかげでどのレンズを使っても手ブレ補正が有効

レンズ内補正を主とするキヤノンとニコンの一眼レフに対するアドバンテージ。
オールドレンズを含めたすべてのレンズで手ぶれ補正が有効になるのはとてもありがたい。

特にK-1やKP以降の五軸手ブレ補正は極めて強力。

レンズに手ブレ補正の機構を組み込む必要がない分、レンズを軽量コンパクトかつ安価に製造することができる、というメリットもある。

ボディ内手ブレ補正はミラーレスにおいては当たり前の機能になり、ニコンの一眼レフの一部機種でも採用が始まっている。今日の手ブレ補正の主流はボディ内手ブレ補正だと言っていいだろう。
一方でレンズ内補正と組み合わせたデュアル補正で効果を高めるアプローチも成果をあげており、レンズ内補正が不要になる時代が来たわけではない。

ほか深層学習を使った電子手ブレ補正なども開発されており、手ブレ補正技術は今後も進化を続けていきそうな気配。
ペンタックスのカラー

ペンタックスのカメラの色は実際に忠実というよりも見た印象に即したいわゆる記憶色の傾向。
中でも緑の鮮やかさが特徴的で俗にペンタグリーンなどと呼ばれ、ペンタックス自身が推しているネイチャー分野での強みともなっている。

鮮やか、ナチュラルなど写真の仕上がりを決めるカスタムイメージは他社同等機能に比べると多彩で、それを駆使することで様々な色を表現しやすい。色をいじって遊びたい人は楽しいんじゃないかなと。

またCTE(Color Temperature Enhancement)という被写体の色を強調して鮮やかに写すペンタ独自のホワイトバランスモードがあり、青空、紅葉、花撮り、黄昏時等々、印象的な色を写したいシーンで面白い効果を発揮してくれる。

GPS&アストロトレーサー

K-r、K-5以降の機種で利用できるオプションのO-GPS1。
これをホットシューに取り付けることでGPS機能が有効となり写真に位置情報を記録できる。
そして星景写真における長時間露光では、アストロトレーサーによって赤道儀を使ったかのように星を点で写し止めることが可能となっている。

K-3IIとK-1ではついにGPS内蔵となりアストロトレーサーの機能もボディ本体のみで使えるようになった。

自分は一眼を買うとき何故かGPSにこだわっていたのでO-GPS1の存在は大きかった。
アストロトレーサーがなければペンタユーザーにはなってなかったかもしれない。

ニコンやソニーにもGPSはあったがニコンのGPSは接続がやぼったいし、ソニーは本体内蔵は素晴らしいがバッテリーの減りがひどいということで悩ましかった。またキヤノンのGPSユニットは購入検討時にはまだなかった。

よく間違えられるがアストロ「レーサー」ではない。アストロ「トレーサー」

ここがダメだよペンタックス

動体AFが弱く動き物の撮影には向いていない

静物を撮る分には何の問題もなくなって久しいが、動く物を撮るのは未だに苦手とする。

キヤノンやニコンの10年以上前のフラッグシップに勝てない。
近年のオリンパスやソニーのようなミラーレス勢にも負けている。

したがって動き物をメインに撮ることを考えているならペンタックスはオススメできない。
全く撮ることができない訳ではないが、難易度および歩留まりの点で少なからずハンデを負うことになる。

ついでに言うと動体じゃないけど遠景に対するAFもたまにちょっと怪しい。

周辺機器やレンズのラインナップなどシステムとしては他社に見劣りする

カメラ本体に加えてレンズ、周辺機器などを総合したシステムを組む際に選択肢が限られる。

ストロボに関してはワイヤレスでの多灯ライティングなど高度なことをしようとすると大変なようだ。

新しい純正レンズがなかなか出ない

他社に比べて明らかに出るレンズが少なくラインナップにもけっこう穴がある。

趣味で写真を撮る分には既存のレンズでまあまあやっていけないこともないが、少なくとも新しいレンズを試したいガジェットマニアや機材スキーにとっては物足りない環境となっている。

サードパーティ製レンズもほとんど出ない

なかなかでないんだな、これが。
と言うかシグマやタムロンから新型レンズが発売されてもペンタックス用は基本出ない。多分採算とかそんな問題で。

サードパーティーからも優れたレンズが普通に出てくるようになった昨今、そのようなレンズが試せないのはちょっと寂しい。

他のカメラメーカーについて思うこと

完全に個人の感想ですが。

ライカ?ハッセルブラッド?知らない子ですね・・・

キヤノン

カメラメーカーの横綱。うっかり「キャノン」と書くとキヤノン警察が寄ってくる。
レフ機ではダントツのトップシェアだがミラーレスではソニーに後れを取っており鋭意巻き返し中。

ミラーレスへの興味からEOS Rを発売と同時にゲットして使っているが動体AFがしょぼかったり手ブレ補正がついてなかったりと未熟な感は否めない。
だが各社ミラーレス一眼の中では最も手触りがしっくりくるので選んだと言う経緯があり、使い続けている今もまあまあ気に入っている。
JPEG撮って出しの画質も一番素直でいいと思う。

まあEOS Rはともかく、知り合いから光学ファインダーの一眼欲しいと言われたときはキヤノンでいいのではって雑に勧めている。

バイクメーカーで例えるとホンダ。

ニコン

近年苦戦中の老舗メーカー。
レフ機を買うならキヤノンかニコンという二強。ミラーレス競争にもZ6とZ7で参戦中。

数年くらいサブマウントとして使っていてD800、Df、D750、D300Sを所持したことがあるが、動き物に対するAF-Cの食い付きがすごく、ペンタックスの弱みがよく分かった。
だが最終的に操作性に慣れることができず手放した。Z6とZ7も軽く店頭で触ってみたかんじではちょっと駄目そうだった。

ここんとこ少し(少しだけ)ネタ枠ポジションになってきたのでキャラが被らないように頑張って欲しいですね。

バイクメーカーで例えるとカワサキ。

ソニー

ミラーレス界のトップランナー。
ボディの高機能性およびレンズラインナップを含めシステムとしての完成度が高い。2019年現在ミラーレス一眼を買うならソニーが無難な選択肢と言える。

しかし個人的には触っててしっくり来ないので食指が伸びない。良い悪いではなく好みの問題と言うことでひとつ。

知り合いからミラーレス欲しいと言われたときはソニーがいいのではって雑に勧めている。

バイクメーカーで例えるとヤマハ。シェア的にもニコンを抜いてヤマハっぽくなってきた。

富士フイルム

ミラーレスのAPS-Cと中判で独特の存在感を放つ。

X-T10を使っていたことがあるが色が苦手。他人の写真を見る分にはきれいだが自分で使うとちょっと違和感。
もっと色を使いこなすことに自信がつけば評価は変わるかも。

お金持ちにカメラどれがいいって聞かれた時には645Zとかライカといっしょにフジの中判を雑に勧めている。

富士フイルムもなんだかヤマハ感ある。

パナソニック

m4/3の雄。動画に強い。
Lマウントアライアンスを組んでフルサイズに殴り込んだ。

S1Rは操作感は割としっくり来る。ペンタックスの次くらいにしっくりくる。そしてEVFがすさまじく見やすいところに引かれる。
が、サイズがちょっと大きすぎて候補から外れた。

オリンパス

パナと並ぶm4/3界の重鎮。
他社が巨大センサーの道を行く中m4/3専業で我が道を行くオリンパス。

個人的にはニコン同様操作性に馴染めなくて苦手。

m4/3も良いレンズはけっこう大きいし高いのでちょっと魅力が中途半端になってきている気がする(外野からの意見)