2019年10月

2019-10-01

今日の街中彼岸花君。

暑いけどいい天気。
でも一応消費税増税対応で待機。おのれ消費税。

しかし軽減税率はやはり正気の沙汰ではないな。
社会全体にかけるコストが大きすぎる。サマータイム並に忌避すべきだった。

これを成果として喧伝している公明党大丈夫なんだろうか。自らマイナスプロモしてるような。


α7RIVお触りしてきた。
グリップがかなり持ちやすくなっていて好印象。基本的な操作で戸惑うこともないし割といいのかもしれない。
その後EOS Rのグリップ握ったら「あ、こっちの方がやっぱええわ」ってかんじだったが。

ただISOの操作はα7系がやりやすくていいな。個人的にボタンを押してからダイヤルで選択ってやり方の方が慣れててしっくりくるんだけど、EOS Rはそれができないのが難。

2019-10-02

暑い。
10月にもなって涼を取るために芦ノ湖まで行く羽目になるとは思わなかった。

しかし日が暮れるとぐっと気温が下がるので気をつけよう。
無事に(軽く)風邪を引きました。

2019-10-03

枯れてる彼岸花も割と好きだったりする。


数年前から痩せるにも体力付けるにもジョギングが一番なのでは?と思っていたが、昨日ようやく重い腰を上げて着手。30分で3.6km。
今日は筋肉痛で死んでいた。

スクワットそれなりにやってるつもりだったんだが、大腿四頭筋にもハムストリングにもめっちゃ来てる。あとなんでか腹筋。

2019-10-04

マジックアワーの残照がいいかんじ。

日の入りがだいぶ早くなった。地平線に雲があったりすると17時過ぎでもうけっこう暗い。
そういうとこは秋なんだけど、微妙に暑いのでイマイチ秋の気分になれないでいる。

しかし彼岸花ってけっこう繁殖力強いんだな。近所のあちこちで年々着実に勢力を拡大している。

2019-10-05

こないだ見かけたカワセミ。意外と保護色。
もう少し背景整理しようと思ったら逃げられてしまった。

珍しく三羽くらい同じ場所に固まってた。
子育て中かな?


それにしても暑いなあ。
試しにエアコン無しで過ごしてみたら32度まで上がって馬鹿じゃないのって。
これからの時代アパートの2階はもうダメだ。

2019-10-06

頭を振ったりしゃがんだりしたときに若干の頭痛。
昨日の暑さで少し脱水になってたぽい。

脱水には軽度の運動や安静時になる水分欠乏性脱水と、激しい運動による多量の発汗や下痢による水分喪失、怪我による出血などで起こるNa欠乏性脱水がある。

水分補給にもかかわらず脱水の症状が治まらず、かつ補給したそばから尿として出てしまうような場合は後者と判断できる。

Na欠乏性脱水の対処としてはラーメンを食べスープまで飲み干すのが極めて有効である(独自研究)

2019-10-07

最近のMac壊れすぎじゃねえか?みたいな話を知人としてきた。

そういやSurfaceはBookの3が出ずにLaptopの方に3が来たけど、キーボードどうなってるか。キータッチがしっくり来るものならLaptopでもいい。
Laptop 2のキーボードのままだったらイマイチ。

アキバヨドでめぼしいノートのキーボードの具合を確かめてみた感じ、DELLのALIENWAREはまずまずだった。XPSはペコペコすぎた。
HPだとSpectre x360とかいいかんじ。

ほかRazerのPCにも興味あるけど英米Amazonのレビューを見てると品質管理が微妙っぽくて当たり個体を引くかどうかのガチャになりそうなんだよな。

40万円のガチャはちょっと。
まあちゃんとしたお店で買っていれば交換なり修理なりはできるだろうけど。

2019-10-08

ようやく気温が秋っぽくなってきた。
いやまだ十分暑くねえかって話もあるんですが。

台風来る前にどっか行こうかなとあれこれ考えつつ、まあこれくらいの気候ならどこ行っても楽しいということで目的地が決まらなくても適当に出る。

2019-10-09

まさしく秋晴れ。
気持ちよくバイクで走って向かったのは白馬。

とりま猿倉の白馬岳登山口まで行ってみた。駅から20分くらいですな。

白馬岳は白馬市街に前泊の上で山上に一泊登山ってかんじで行きたいのだが、なかなか三日感の好天と休みが一致しない。

今回は水木金と好天ならと思っていたが天気の崩れが想定より早いようなので取りやめ。
今年はこれがラストチャンスと言うかんじだったので次は来年かな。

まあ来年もこういうかんじだったら日帰りでもいいか。

そんなことを考えつつ猿倉からの戻りしなにおびなたの湯へ。
白馬八方温泉。期待通りの強アルカリ。やはりこの温泉は素晴らしい。加えて白馬はもうだいぶ寒いので冷えた体に倍増しで心地よい。

2019-10-10

栂池から白馬乗鞍岳を登って白馬大池。上り3時間下り2時間。終日雲なし。この上ない好天なり。
天狗平から上の岩場がちょっとスリリングだったが、振り返ると雄大な展望が素晴らしい。手前に雨飾山、妙高、その後ろに四阿山、浅間山、奥に八ヶ岳南アルプスまでありありと。
白馬大池も完璧な青空を映して美しかった。

しかしポカリ1L水1Lで行ったら下り1時間を残して水がなくなってしまったという不覚。もっと涼しいかと思ったら日差しが強くて意外と汗をかいてしまったこともあり無事脱水となった。
登山のたびに脱水症状になるマン。水分補給に自分なりの定石を作っておかないとなと思いました。

下山後に売店コーラで水分補給するとまだ余裕があったので栂池自然園をゆっくりと散歩。
自然園内の紅葉は終わっていたみたいだけど、白馬乗鞍の山腹はまずまず色とりどりだった。

最終ロープウェイ間際まで粘っているとダイヤモンド白馬岳にちょっと惜しい日の入り。この時期の落日は毎日南にずれていくはずなので明日か数日後にはちょうどダイヤモンドになるかも。雨だが。

2019-10-11

長野に避難してた方が良かったのかもだが13日法事なので帰ってきた。
ほんとに法事できるんかいなと思いつつ。

件の台風19号、静岡に上陸するらしいけど東側の東京神奈川はやばいな。
ある程度の備えはしたがさすがに家が壊れる想定まではできないでいる。
無事に過ぎてほしい。

と、昨日の写真を整理していて今更ながらDistagon T*2.8/25の無限遠が出てないことに気がついた。
節穴か。

空気のゆらぎでぼやけてる可能性も考えたが同じ景色でGRで撮った方はキリッと写ってるのでアウト。
ピントから外れたところも拡大しなければ割とちゃんと写ってるので気が付かなかった。

コシナの調整は購入店経由で出すのかな?
昔のメール見たらフジヤカメラで買ってるから大丈夫だと思うけどめんどくさいな。

気が付かないんなら別にいい説。だめ?

2019-10-12

台風19号。
風はまあまあってかんじだが雨がとにかくすごかった。記録的豪雨。

特に箱根の降水量が1000mm超えとかヤバい。
箱根が食い止めてくれないかなーとか思ってたらマジでけっこう食い止めてくれたんだろうか。

自然と治水能力との戦い。
氾濫で道路が川みたいになってたりしているところはあるようだけど、堤防決壊とか最悪のケースはなかったようで何より。
災害対策に奔走していたすべての方々に敬意を表したい。

明日は台風一過だけど山道の方とか行かないほうがいい。いろいろなものが落ちてて微妙に楽しく走れない(過去の経験)
地盤もゆるんでるかもしれないしね。まだ油断はできない。

2019-10-13

台風過ぎ去ってけっこう経った朝方に千曲川の堤防決壊。本当に油断ならなかった。
ほか一夜明けて見えてきた被害も多く、まさしく大災害だったのだという認識を新たにした。

個人的に最も気になる箱根も芦ノ湖が氾濫したり登山鉄道が山崩れで不通になったり。道路は全山通行止め。
先日噴火警戒レベルが1に下がってこれから行楽シーズンと言うところでかなりの打撃を受けてしまった形となる。

道路交通網への被害も甚大で中央道、圏央道、国道20号、国道52号など山梨長野方面へ向かうルートに大ダメージ。復旧見通しがすぐにはでないほどの事態となっている。

被災地への観光も立派な復興支援ということで、主にそっちの方向で支援していきたいと思っているが、それが可能となるまでにもしばらく時間がかかりそうだ。

2019-10-14

いきなり秋が深まったような冷たい雨。令和元年の気候は極端だなあ。

今日も災害報道見てたら気が滅入ってきたので見すぎも危険だ。見て何が変わるわけでもないのでほどほどに。
旅に出る気も失せそうだが、大きな被災を免れて元気な人は経済を回していったほうがいい。

しかし小田急の渋沢〜新松田間がやられているというのはけっこう衝撃。
予想以上にいろいろな道が通れなくなっているので、どこか出かけるにしても交通情報の把握は大変そうだ。


それはそうとFGOのアニメ最高にいい出来になってるな!
今期はこれと無限の住人だけは見逃さず追いかけたいところ。

あとはさいころ倶楽部も悪くないけどこれは原作の方が好きかなと言うかんじです。
アズレンは既存ファン向けには良さげですな。

2019-10-15

ようやく咲いてきたキンモクセイ。


箱根は3日経ってもまだ道路が川になってるとか。本当に異常な雨だったんだ。
通行はできるみたいだからちょっと様子を見に行ってくるかね。

箱根登山電車は年内復旧が難しい状況らしい。
うーむ。

なにかできることないかな。

2019-10-16

午後から少し箱根の様子を見に。
早川の濁流っぷりがまだ大雨の翌日みたいだった。

一応ある程度は落ち着いたのかなという気配だが、それでもまだまだ山肌から水が溢れ出している。
川になっている道路をバイクで通ったらだばぁっと水を跳ね上げて膝下がしっとり濡れてしまった。

道中塔ノ沢と大平台の間の国道沿いにある蛙の滝がしっかりした滝になっていて、これは初めて見た。
そこでほかの滝もどうなっているのか気になり、千条の滝に寄ってみたが滝の流れは割といつも通り。気持ち水量が多いくらい。
ただ滝壺が土砂で埋まっていたりとか途中の道が盛大な川になっていたりはした。

ちなみに滝に続く道の入り口にA型バリケードが立ててあったので最初は引き返そうとしたが、たまたま近くにいた長靴作業着のおじさんが「徒歩ならOKだよ」と言ってスタスタ入っていくので、そんじゃ行ってみるかと滝までついていった。
しかし戻ってくるとバリケードの張り紙に「立入禁止 台風19号のため」とはっきり書いてあったので本当に行ってよかったのかちょっともやもやする。

おじさんは滝を一瞥して帰っていったけど果たして何者だったのか。