ロープロ アウトバック 200

大きなレンズとの相性が良いウェストバッグ

Good

  • カメラに長めのレンズを装着したまま収納可能
  • 長時間装着していても疲れにくい
  • ショルダーバンドが安心便利
  • 左右のレンズケースが取り外し可能

Bad

  • レインカバーが付いていない
  • 左右のレンズケースが使いにくい

コメント

大口径のズームレンズをフットワーク軽く使うために購入したもの。
大きめのレンズを付けたカメラも余裕で収納できるウェストバッグ。


使い勝手

長いレンズにフードを装着したままカメラに付けて持ち運べるという点が最も評価する点。

ウェストバッグなので荷重を腰で支えるため、バイクでも疲れないし動きやすい。ロングツーリングにも適する。
付属のショルダーベルトはウェストベルトのバックルが不意に外れてバッグが落下するなどといった心配がなくなって良いので必ずしている。装着の時にも便利。

付属の両サイドレンズケースは収納性の面でも述べるが使いにくい。
これらは外してメイン収納部のみで使うか、代わりにS&Fレンズエクスチェンジケースを付けるか、もしくはレンズではなく小物収納として使うのがいいのではないだろうか。

一方で両サイドのレンズケースを不要なときに取り外せるというのは身軽になれて良い。
ただメイン収納部が長い分、レンズケースを外した状態でも少々邪魔に感じることもある。

レインカバーが付いていないのは残念だが、別途30L用のザックカバーを用意して快適に使用できているので、致命的な不満ではない。


収納性

K-5に装着したDA★300(フード付き)をピッタリ収納可能。
実は上位モデルのアウトバック300AWより内寸の高さがある。

両サイドのレンズケースはかなり長いレンズも収納可能で、短いものなら片方に二本入る。
ただし太いレンズや大きめのフードを逆さ付けにしたレンズなどは入らないので使いにくい。メイン収納部にカメラ装着状態で入れておいたレンズを外した際に入らないことがしばしばあり、正直役立たずという評価。

両サイドには代わりにS&Fレンズエクスチェンジケースを付けたらいいかんじになった。
フルサイズ機にプラス大三元ズームを収納できるステキなバッグに。
というわけでペンタのフルサイズと大三元がいつ来ても大丈夫な状態になっている。なっているよ。

前面ポケットはかなり大きく、純正ストロボの中で一番大きなAF540FGZが収納しても余裕がある。
そのほかフィルター等の他の小物を入れても良い。

メイン収納部のフタの裏側には予備のSDカードやリモコンなどを入れられる小さなポケットがふたつあり、これらの小物収納にはやはり便利。


耐久性

他のロープロのバッグと同じくしっかりとした造りなので不安は感じていない。


総評

標準の構成のままだとイマイチだが、工夫を凝らすことで他のバッグにはない使い勝手を発揮。
インバース200AWでは扱いにくい大きめのレンズと使うのに適している。
逆に小さいレンズしか扱わないのなら、このバッグは必要ない。

ウェストバッグということでライダー的にはありがたいし、日帰り登山などにも利用可能で、今後存分に役に立ってくれそうだ。


Amazon

Spec  
カメラ収納部内寸 W170xH320xD170mm
レンズケース内寸 W100xH220xD90mm
外寸法 W415xH335xD230mm
重量 800g

Link

製品情報
製品情報(本家)
Amazon


収納例

  • K-5 + BG + FA☆28-70
  • Σ8-16
  • DA★60-250
  • ストロボ

これは両サイドを以下のレンズエクスチェンジケースに交換した状態の話。

広角から望遠まで広い画角に対応できるセットを楽に収納可能。
すべてカメラに装着したままフード付きの取り出してすぐ使える状態で収納可能。

ついでにストロボも。


  • K-5 + BG + FA☆28-70

両サイドのレンズケースを外して標準ズームだけで身軽に。


  • D800 + BG + 70-200/F2.8
  • 24-70/F2.8
  • 12-24/F2.8

これもレンズエクスチェンジケース100AWと200AWを付けた状態。
D800に70-200/F2.8はフード付けた状態でギリギリ収納可能。

ニコン機でこれならペンタ機は造作もないはず。