現在使っているカメラバッグ

最近実用しているカメラバッグたちとそのミニレビュー。


シンクタンクフォト チェンジアップ V2.0

現在のツーリング時のメインのバッグ。ウエストバッグとしては大きめのもの。
以前使っていたインバース200AWのようにショルダーベルトとウエストベルトで負荷を分散できるのが長時間ライドではありがたい。

ボディ一台とAPS-C用の主力ズーム3本(DA12-24、DA★16-50、DA★60-250)プラス単焦点1本、もしくはフルサイズ用の主力ズーム2本(DFA15-30、DFA24-70、DFA★70-200の中から2本の組み合わせ)プラスリミテッドレンズクラスの小さな単焦点1本などが入る。いずれにしても旅用のカメラバッグとしては十二分の収納力。
レンズをつけたK-1とD750などフルサイズボディの二台持ちも可能で、単焦点二本レンズ交換なしでぶらりとできるのが良い。

内寸高が25.4cmというのはなかなか便利で、そこそこの大きさのレンズをボディに装着した状態で収納でき、かつ小さいレンズを使ったときに深すぎて使いにくいと言うこともない絶妙のサイズ。
ボディ装着のままいけるレンズとしては例えばDA★60-250がいける。DA★300はギリギリきつい。

ポケットなど小物収納も使い勝手がよく、考えられた造りになっていると感じる。
サイドのポケットが大きく1Lのペットボトルが差せるのがグッドで、デイパックと組み合わせてツーリング先でハイキングや軽登山につかったりすることも。

1年間かなりの頻度で使っていたがくたびれた感じもなく、耐久性は良好に思える。

1年半で本体に繋ぐショルダーベルトの金具が片方壊れてしまったが、本体側は無事なのでベルトを換えて使っている。捨てるバッグでもショルダーベルトは取っておこうかなと思った。

2年半を過ぎたあたりでさすがに黒い生地の色あせは感じるようになったが、強度的には何の不安も感じない。

Amazon シンクタンクフォト チェンジアップ V2.0

ロープロ インバース200AWとの比較

インバース200AWの方が肉厚でプロテクションは高い。その分、外見も無骨。
横幅があるのでK-01などサイズが抑えられたカメラを含めれば3台持ちもいけるのは素敵。

ただボディにつけたまま収納できるのはDA★50-135くらいまで。その点はチェンジアップ V2.0の方がいいかんじ。
またチェンジアップ V2.0の方が造りが丁寧で行き届いている感じがある。

インバース200AWもかなり気に入って使っていたが、個人的にはもはやチェンジアップ V2.0の方が圧倒的に好き。
チェンジアップ V2.0の横幅がインバース200AWと同じくらいだったら完璧なんだけどな。


シンクタンクフォト ターンスタイル20

散歩用のメインバッグ。

散歩に使うにはターンスタイル5やターンスタイル10の大きさでもよかったが、iPadが入ると言うことでターンスタイル20を選択。
その結果、レンズを付けたボディ二台持ちもOK、という過剰な収納力を手に入れてしまった。
中仕切りを外して縦に収納すれば70-200 F2.8クラスのレンズをボディに装着した状態で収納することも可能だったりする。

荷物をめいっぱい詰めて重くなると、締め付けが「うっ」と来ることがあるが、そんなときは右肩にかけて持つとバランス良く持てたりする。

デザインがスマートなのもよろしい。かなり気に入っている。

洗濯ネットに入れて洗濯機で丸洗いもできるなど、手入れ面でも楽。まあこれは耐久性に悪影響ありかもしれないが。

Amazon シンクタンクフォト ターンスタイル20


マインドシフトギア フォトクロス13

MacBookを持ち運ぶ際のメインのカメラバッグ。
アクティブアウトドアといった印象の外見。なかなかカッコイイ。

スリングバッグはターンスタイル20くらいがサイズと重さの限界かと思っていたが、このバッグの発売を機にその限界に挑戦。
見事限界値を更新した。無理なく使える。今後はここを限界と認識する。

ターンスタイル20の収納力にプラスしてMacBookを余裕で持ち運べるところが非常に良い(ターンスタイル20でもなんとか収納できなくはないが、若干キツキツ感ある)
それから1Lのペットボトルも収納できるボトルホルダーがすごく便利。

またバッグの各部にベルトやロープを通せるループが着いており、長物やウェアを固定することが可能。
主にウェアを固定する用途で使うことになるだろう。

まあざっくりまとめるとMacBook収納、ボトルホルダー、ウェアのくくりつけが可能、とターンスタイル20で不満とまではいかないが、不足に思っていた要素が色々とついているのだ。しかも実用可能なサイズと重さに収まって。なんだろうこの欲しいところをジャストで突いてくるかんじは。

なお背面側に三脚も固定できるとのことだが、これは背面側に出っ張ることになるので人にぶつけたりしそうで怖い。
トラベル三脚ならボトルホルダーに足を突っ込んで、上側をベルトで固定することでサイドにつけることが出来るので、もし三脚をつけるなら個人的にはサイドかな。

ただ「ほんとにこのボトルホルダー便利じゃん」と調子に乗って折りたたみ傘を差していたらいつの間にか落としてしまっていた。スリングした拍子に。
幸い家の近所で落としたのですぐに見つかったが、落として困るものはしっかり付属のベルトで固定することをオススメする。

ともあれ非常にお気に入り。

Amazon マインドシフトギア フォトクロス13


ロープロ アウトバック300AW

バイクで大きめのレンズを持っていきたいときに使う大型のウエストバッグ。

レインカバーが使いづらく頼りないのと、大きさが煩わしいと感じることもあるため、出番は晴れていて場所が近場である時に限られるが、さすがに収納力は高く申し分ない。

使用頻度は低いが、ある意味オンリーワンの存在として現役を維持。
すでにディスコンなので予備を確保していたりする。

Amazon ロープロ アウトバック300AW


マインドシフトギア バックライト26L

登山のために購入した背面アクセスのカメラ用バックパック。
登山用ザックとしての出来が素晴らしく、しっかりとしたウエストパッドで腰に加重が乗るので、バッグそのものと機材を合わせた10kgの重量が全く苦にならない。

カメラ収納部はフルサイズ機と大三元ズームを余裕で収納できるほどの十分なスペースがある。
ただし仕切りの自由度はあまり高くないので、割り切りは必要。

それ以外の収納に関しては9Lの前面コンパートメントがあり、ここにMBP15インチに加え日帰り登山に足りるウェア類などの荷物を収めることができる。
両サイドのポケットも大きくてグッド。

三脚はセンターとサイドどちらに括りつける事が可能。いずれの方法でもジッツオの3型程度ならしっかりと固定される。
バックパックが体に良くフィットしているためか、サイドに括りつけてもバランスの崩れは感じられない。

また同じマインドシフトギアのローテーション180 プロフェッショナル用のトップポケットが一応付くので、それにより容量拡張をすることも可能。
同オプションのトライポッドサスペンションキットも便利。

登山用ザックとしてもカメラ用バックパックとしても素晴らしくお気に入り。これでバックパックに関してはほかを見る必要がなくなった。
と言いつつこのバックライトのシリーズで容量の大きな奴が出たら買ってしまいそうではある。

なおフロントコンパートメントをパンパンにしなければセローのリアボックスに入るということを発見したので、ツーリング時にPCや着替えなどを詰める旅行鞄としても使っていけるように。
徒歩旅にも使っており、旅のメイン収納でもある。

ちなみに外側に色々と付ける余地があるのでテント泊に使えないかと思ったが、重量バランス的に無理があった。日帰り登山か山小屋一泊程度が順当。

Amazon マインドシフトギア バックライト 26L


シンクタンクフォト デジタルホルスター20 V2.0

登山の際にザックを下ろさずにカメラを取り出すための用途に使用中。
カメラサポートストラップ V2.0をショルダーハーネスのループに取り付けて、体の前面に吊り下げている。厚さが抑えられているので邪魔になりにくいのが良い。

右サイドのポケットは小さいが付属のレインカバーに加えてケース付きのiPhone6s程度なら入る。
前面のメッシュポケットはレンズキャップやiPhoneなど小物をラフに突っ込んでおけて便利。

左サイドにモジュラー式のポーチを取り付けることが出来るなど拡張性がある。
また底部のマチを広げれば深さが29.2cmとなるのでかなり長めのレンズを付けて使うことも可能。ただし伸ばした分のプロテクションは弱くなる。

Amazon シンクタンクフォト デジタルホルスター20 V2.0


過去に使っていたバッグ

最終更新: 2017-09-25